HOME > ブログ > アーカイブ > 2016年4月

ブログ 2016年4月

海外で挑戦するスポーツ選手にとって、必要な『言葉力』がなぜ重要なのか?

本日は、『言葉力』と、違った視点からの内容です。


海外では”自分の実力”と共に必要な”ツール”

日本のスポーツ界は急速な成長を遂げ、
メジャーなサッカーや野球選手ではヨーロッパや
アメリカの主要チームに所属する選手が増え、
たくさんの活躍が報道されるようになりました。

個人競技やマイナーなスポーツでも多くの種目にて
世界ランキングの上位に名を連ねています。

その選手たちは、その種目の最高峰で
挑戦しているので、実力が均衡している
あるいは、他の選手でも変えがきく
などの場合に、次に評価の基準になるのが
『言葉力』です。
g-ship_factor.png

『言葉力』は語学だけではない

子供の頃から、
「なぜ、英語を勉強するのか」
疑問に感じている子も多いかと思います。

それは、無理もありません。
もしろ、その子供の感情が正しいと思います。

”英語”や他の”語学”を使わなけらばいけない
最も必要な『環境』が日本にはないからです。

ですが、不幸なことに高校受験以降の進路へ
進むには”英語”の成績
それから”面接”がありますよね?
つまり『言葉力』が最も必要な”ツール”になります

”英語”を”勉強するのではなくて
日本だけではなく全世界の人と会話ができる!
仕事ができる!スポーツができる!

そのために『言葉力』という道具を身につける!

という目標で取り組みたいですね(^-^)

”問診”にてあなたの言葉で”目標”を立て
その”目標”を達成するために
多角的にサポートする治療院
プロモート トータル コンディショニング
貝塚 翔貴

川口で治療からパーソナルトレーニングならプロモートへ。ジム通いの方へも緻密なプラン作りを提案します。

トレーニングと聞くと、

筋肉がついて太くなる
筋肉が落ちた時に太りやすい
体重が重くなる

など、ネガティブなイメージってありませんか?
テレビや雑誌には非常に細い方が多く、
それが良い基準だと、勝手に認識してしまって
いるのかもしれません。
しかし、実際はトレーニングを積んでいる方
多く、スポーツ愛好家の方もたくさん
いらっしゃいます。

人が体を使って行っていたことを機械が行うことが
多くなりました。
百貨店やスーパーでまとめて買い物を
していたのが、家から数分のコンビニで買える
時代になりました。

これだけ便利な生活、こういった現代の社会で
運動習慣がないとあらゆる危険性があります。

生活習慣病
姿勢不良による慢性的な症状
筋力低下による代謝異常
急な動作による大きな外傷・・・などなど

患者さん・お客さんのなかでも
運動や正しいトレーニングの習慣がある方は
非常に健康的で機能的な体を得ている
そして、普段のストレスを軽減できていて
活動的な生活を送っている方が多い
印象です。

治療家&トレーナーの立場から伝えていることは、
関わっている全ての方に”運動習慣”を提示しています。


正しい関節運動を大前提に
同じ症状を起こさないよう
強度の低いもの・少し高めのもの
セルフケアをミックスした
トレーニング指導・エクササイズ指導
行っています。
IMG_2358.jpg

自分の体を大切にすること
長く思い通りの日常を送ること

スポーツ選手はもちろん、一般の方も共通して必要なことは
パフォーマンスを上げる
これにつきます。

たとえ、洗濯や食事など家事であっても
ひとつのパフォーマンス

車の運転でさえも
ひとつのパフォーマンス
と考えます。

あなたも機能的で姿勢が良く
パフォーマンスの高い体を
持ち続けませんか?

本日もご一読いただきありがとうございます。

治療からトレーニングまでサポート
プロモート トータル コンディショニング
貝塚 翔貴

ケガをした後、早く治したい!再発もしくは他のケガを防止するために必要なこととは?

スポーツ選手はもちろん、一般の方でも
ケガをすることがありますよね?

一般の方がケガをした際に適切な治療を受け、
生活に支障がないほどに痛みがなくなれば
治療に関しては”終わり”と考える方が多いでしょう。

しかし、スポーツ選手は競技復帰するにあたり、
ケガを負った場所の”強さ”を取り戻す前に
復帰してしまうと、”再発”もしくは”他のケガ”に
つながるケースが多くみられます。
では、どうすべきでしょうか??


まず、”ケガの完治”させること!
ケガをしてから早く治すには、
必ず”治る道のり”があります。
損傷した組織によって治り時間は異なりますが
アプローチ方法は共通した原理”があります。
IMG_2578.png

そしてケガをした場所の”抵抗力”をあげること!
競技復帰においてはパフォーマンスアップした状態で
戻らなくてはなりません。
”ぶつかった”とか”ひねった”など予期せぬ場合のケガで
あっても患部の”抵抗力”を上げた状態で、
復帰するべき!ということです。

neymartraining.jpg

そしてトレーニングをするにあたり、競技の特性に
合わせた”正しい姿勢”で行ってくださいね。



先日の治療にて質問されましたが、
①『体幹トレーニングだけやったら強くなるの?』
②『痛くなくなったら来なくていいの?』

答えは『いいえ』です。
体幹はもちろん使えることが必須ですが、
スポーツや日常動作で正しいタイミングで
使えなければ意味がありません。
たくさんあるトレーニングの中のひとつ”ですので
様々なトレーニングを正しく行う必要があります。

”痛み”がなくなったしても、ケガをした
原因を根本から改善できていなければ
同じことを2度3度、繰り返す可能性があり
更に大きなケガを引き起こすことにつながります。

まずは、あなたの体のクセ・動きのクセを
ご自身で理解しましょう!


『一人一人にオーダメイドの治療をするこだわり』
プロモート トータル コンディショニング
貝塚 翔貴


関節疾患の治療においてエキスパートになるには?

関節疾患に特化した理論・技術が身につく
セラピスト・トレーナー向けのセミナー情報です。

CSPT2016は関節マルアライメントを確実に改善する
リアライン・コンセプトの最新版です。

リアライン・コアを知り、その理論を知るために
私も昨年度、ISRとともに受講いたしました。
あなたも『関節疾患治療のエキスパートに!
promote-totalconditioning_115.jpg

---内容---
リアライン・コンセプトは関節のマルアライメントを効果的に
修正(リアライン)することを基盤とした治療です。
CSPTは、スポーツ外傷・障害に対するリハビリを中心に、
全身の関節のマルアライメントの修正・改善を確実に進める
方法を身につけることができます。約50%の時間を実技に
割き、確実に効果を出せる治療理論を習得できます。
全10回と部位別に構成されており、シリーズ全体の受講で
非常に完成度が高く、治療・エクササイズ指導の幅が格段に
広がります。

---開催日時---
4月16日(土)、4月17日(日)
6月18日(土)、6月19日(日)
7月16日(土)、7月17日(日)
8月 6日(土)、8月 7日(日)
9月10日(土)、9月11日(日)

---会場---
東京都渋谷区近郊
※各セミナーによって異なる

---受講料---
(全10回)120,000円(税込)
(各1回ごと)12,960円(税込)
※その他、4回セット受講などもあります。

---講師---
蒲田和芳(広島国際大学)ほか

---お問い合わせ---
株式会社GLAB セミナー事務局 http://bit.ly/1OMSxdU

食事をとることで大切なことは"バランス"と"タイミング"②

食事をとるタイミングとして
ひとつの考え方があります。
IMG_2166.jpg

最近、テレビでもようやく
取り上げられるようになってきましたが、
”腸内環境”を整えることで
免疫力が上がったり、痩身につながったり、
スポーツ選手のコンディションアップ
つながると放送されるようになりました。

もちろん栄養バランスがあってのことですが、
『1日に3度の食事が良い』ということは
必ずしも正しいとは限りません。
むしろ『腸を休ませる』ために朝食の内容は、
『消化に時間がかからないもの”をとる』
あるいは、『朝食をとらず』休ませること
が必要!ということですね。

スポーツ選手にとっては、試合や運動後に
とるタンパク質・糖質は運動後に最も吸収率の
高い時間は、運動後30分以内ということが
有力な研究結果で出ています。
シャケ入りのおにぎりなど望ましいでしょう。

トップアスリートや練習頻度の多い学生には、
『急激に消費したものをその場で補う』
そのために、吸収しやすいものとして
プロテインが選ばれるということです。

プロテインの選び方として、
動物性か、植物性か悩む前に
合成甘味料・保存料・遺伝子組み換えの原料など
できるだけ添加物の少ないものを避けて
選んでください。
アスリートである前にまず健康な体でいること
が一番です。

本日もご一読いただきありがとうございました。

運動・栄養・睡眠など総合的にサポート
プロモート トータル コンディショニング
貝塚 翔貴

食事をとることで大切なことは"バランス"と"タイミング"①

”食事を食べる”あるいは”食事をつくる”ことを、
毎日、行う中で、
『何を食べたら良いか』
『いつ食べたら良いか』
『どれだけの量を食べたら良いか』
答えることができ、実践していますか?

まずは、栄養素を考えていきましょう。

栄養素を知る上でまず、頭に入れて
いただきたい重要なことがあります。
それは、

”桶理論”(オケ理論)です。

体の機能を正常に働かせるためには、
”全ての栄養素がバランス良くあり、
     少ない栄養素をつくらない”

少ない栄養素があると、せっかく他の
栄養素を豊富に栄養をとっていても
正しく体が機能しないということです。

車が走るのにもたくさんの部品があり
ガソリンによって動きますが、
大切な部品がない車に乗ることは
考えられませんよね?

まずは”自分のカラダを管理しているのは
自分”ということを理解し、
適切な食事を心がけてください(^^)

oke07.jpg

あなたのカラダを総合的にサポート
プロモート トータル コンディショニング
貝塚 翔貴

使いすぎ"オーバーユース"によるケガのメカニズムとは?

スポーツ選手にとって日々の練習は、試合やレースで良い成績を残すため、
ハードに取り組んでいくものです。
ですが、必要以上の練習量や負荷がかかる場合、
あるいは一つの部分にストレスがかかり続ける場合など
筋肉のサイクルを常にフル稼働させ続けることになります。
normal.jpeg
筋肉や靭帯、腱など組織の使いすぎの状態が続くと
”過緊張"の状態が起きます。
交感神経が常に優位に働き続けることにより
常に緊張し続ける、ということです。

本来は運動すると循環が良くなる一方で、
こういった場合は血管を収縮し続け、
休むことができなくなり、かえって血液循環や、
イオンの出し入れが上手くいかなくなります。
結果、抵抗力の下がった組織は
ケガのリスクが大きくなるということです。

"休むこともトレーニング"ということを
考えていただければと、思います。

早期の疲労回復や、ケガの治る過程の促進には、
インディバは非常に効果的な治療になります。
ob_eeb1f2_448.jpg

過密な大会日程やレーススケジュールの方
定期的なメンテナンスでケガを予防しましょう。

"PROMOTE YOUR LIFE"
プロモート トータル コンディショニング
貝塚 翔貴

プロモートの治療のこだわりは、まず"問診"と"動作分析"です。

治療院や整骨院と聞くと簡単に問診を取り、いくつか体のテストをし、
マッサージやストレッチをしてもらう場所とお考えの方が多いのではないかと思います。

ただ、その中では日常の生活や、スポーツの動作の根本的な改善につながらず、
その症状を繰り返し、さらに大きなケガや痛みにつながるケースも多くあります。

今後、起こる可能性があるケガのリスクは、実際にケガをしてみないとわからないのが
一般的かもしれません。
『未然に防ぐことができるものを知らない』ということが、ひとつの問題となります。

そこで必要なことは、あなたの生活やスポーツ時の動作・姿勢を動画で観ていただき、
その方に『自分の体のクセや弱点を理解していただく』ことが重要だと考えています。

プロモートでの治療やトレーニング、そしてトレーナー現場での指導をするにあたり、
必要な情報として日々、分析し評価しております。
unnamed-3.png

動作分析と同じく大切なことが、生活スタイルやスポーツの頻度などの細かい情報も必要になりますので、
初回の問診の際には、多くの情報をお伝えしていただけますと幸いです。

本日もご一読いただき、ありがとうございました。


あなたのカラダを総合的にサポート
完全個室の「プライベート治療院」
プロモート トータル コンディショニング

貝塚 翔貴

プロモート トータル コンディショニングが4月1日よりオープンしました。埼玉でインディバはPTCへ

4月1日より、開院しました。

プロモート トータル コンディショニング
TEL 080-3738-0287
営業時間9:00〜21:00
日・休み その他のお休みはカレンダーよりご確認下さい。
IMG_2711.jpg

1

« 2016年3月 | メインページ | アーカイブ | 2016年5月 »

このページのトップへ