HOME > ブログ

ブログ

ビタミン<栄養素>の必要性と役割①

ビタミンは、体のなかで様々なところで活躍しています。
まとめてみましたので、参考にしてください。

normal-2.jpeg

ビタミンの分類
・水溶性ビタミンとしてVC,B群・・・
・脂溶性ビタミンとしてVD,A,K,E

ビタミンを過剰摂取すると
・水溶性ビタミンはいくらとっても問題ない
・脂溶性ビタミンは過剰摂取すると、肝臓にトラブルを起こしやすい
※ただし、天然の食材であれば過剰摂取になりません。
過剰摂取となるのは科学的に生成されたビタミン剤です。

人体におけるビタミンの働き(必ず全てあって働きます)
血液凝固    ・・・ビタミンK
歯       ・・・ビタミンA,D,C
目の働き    ・・・ビタミンA
神経と筋肉の働き・・・ビタミンA,C,,B2,B6,ナイアシン,チアミン,パントテン酸
皮膚      ・・・ビタミンA,C,B6
骨       ・・・ビタミンA,C,D
血液の生産   ・・・ビタミンB6,B12,C,葉酸
ホルモンの生産 ・・・ステロイド→ビタミンA,パントテン酸
           ノルアドレナリン→ビタミンB6
           チロキシン→ビタミンB6
エネルギー生産 ・・・ビタミンB6,チアミン,リボフラビン,ナイアシン,ビオチン,パントテン酸
生殖      ・・・ビタミンA,E,リボフラビン
細胞膜     ・・・ビタミンE

食材でビタミンを多く含まれるもの

ビタミンB群は主に神経や赤血球の生産に関わるので、単体ではなく複合して取ることが必要です。

ビタミンB1 ・・・豚肉、そば、玄米、大豆
リボフラビン・・・豚肉、牛、うなぎ、さんま、さば
ナイアシン ・・・豚、牛、玄米、うなぎ
パントテン酸・・・動物性のもの
ビタミンB6 ・・・鶏肉、レバー、にんじん
ビオチン  ・・・魚、卵、ピーナッツ
葉酸    ・・・ほうれん草、春菊、枝豆、ブロッコリー、ナッツ
ビタミンB12 ・・・豚肉、さんま、イワシ、のり、シジミなど貝類

ビタミンCは抗酸化作用があり抗がん作用や免疫力のアップ、コラーゲンを生産する過程で必要で、人間の自然治癒を高めることに大きく関わっています。

ビタミンC     ・・・

続きは→・・・

現代は、ストレス社会です。
ストレスを感じると、
アドレナリン→短期的なストレスにより分泌されるホルモン
コルチゾール→慢性的なストレスにより分泌されるホルモン

これらが出ます。

これらと対決してくれるものがステロイドホルモンです。
その原料が、コレステロールになります。

そして、対決してくれるホルモンをつくる時に補酵素としてビタミンが必要になります^-^
ぜひ、積極的にバランス良くビタミン源を摂取してください!

本日もご一読いただきありがとうございました。

消化と吸収について

IMG_3204.jpg

栄養学セミナー Vol.1
『食べることの意味』

5大栄養素+2大栄養素の考え方

消化と吸収とエネルギー産生の基本や
消化酵素や代謝酵素の働き
各臓器の役割など・・・


今日からまた新しいクールが始まりました!

2クール目の受講です!!
成田と勉強していました。

非常に大切なポイントをいくつかまとめます(^^)

・よく噛むと消化酵素が出る!

・よく噛むと”ガン”になりにくい!

・肝臓の働きは栄養の貯蔵だけでなく
すべての細胞に栄養を運んでいる!

・便秘の方は大腸で悪いものを再吸収する!

・酵素は体内でつくられるもの!

食事を取ることは、
生きるエネルギーをつくることです。

そして
『消化』
『吸収』
『代謝』
すべてに関わっています。

食事をカロリー計算だけで考えず

バランス重視で考えて

何を取るべきか?

逆に何を取らないよう気をつけるべきか?



一般の方も
知ってもらえたら良いなと感じました(^-^)

栄養のブログも少しずつ上げていきますね!

hw_general01_001_f.png

プロモート トータル コンディショニング
貝塚 翔貴

================
次回の栄養学セミナーは



8月28日(日)19:00〜
第7回 ビタミン&ミネラルの働き

8月30日(火)19:00〜
第2回 糖質について

会場:
東京メトロ東西線 早稲田駅徒歩3分


ホルモンバランスに重要な栄養学

7月19日(火)
『ホルモンバランスに重要な栄養学』
をスタッフの三坂と新しいスタッフの成田と勉強してきました(^^)


お肉の油など飽和脂肪酸(^^)

今流行りの亜麻仁油やエゴマ油
である不飽和脂肪酸(^^)

油の中でも
なぜ、お魚の油が良いのか??

などなど

それぞれの分類を、前回のセミナーで学んだことを復習し、
ホルモンバランスについて復習しました。

現代の日本でアレルギー体質の方がなぜ多いのか?

女性の周期の乱れが増え続けるのか?

では、どのようなことを普段の食事や習慣を気をつけるべきか?


原理から学ぶことができました!!


スタッフ全員が、お悩みに対して内からも外からも
アドバイスできる体制をつくっています(^^)


ぜひ、来店された際にお身体の悩みや
食習慣のご相談なども聞いてくださいね!


『あなたの内からも外からもサポートする』
プロモート トータル コンディショニング
貝塚 翔貴


元なでしこジャパンのドイツ女子ブンデスリーガで活躍している安藤梢選手のトークセッションとコンディショニング

7月2・3日(日)に
学ばせていただいている
DMTマニュピレーションスクールの
ブラッシュアップセミナーへ
参加してきました。

そして3日の最後に

現在、帰国している
サッカー女子ドイツブンデスリーガ
SGSエッセンに所属する安藤梢選手と、
安藤選手を10年前からサポートしている
オランダの理学療法士の土屋氏による
トークセッションとコンディショニング
が行なわれました^-^!

sty1506090006-f7.jpg

・日本とヨーロッパでのパフォーマンスの考え方の違い

・国内と海外の選手やトレーナー、監督の考え方の違い

・日本人が海外で活躍するために足りないこと

・日本のチームトレーナーに思うこと

・10年間、10年間サポートし続けている土屋氏との信頼関係

などなど...

メディアには絶対に出ないより深い部分までお話しいただけました!


さらに私が
ジュニアユース年代の女子ジュニアアスリートに関わるなかでの
問題点なども共有し、安藤選手から的確なアドバイスをいただき感謝しています。

今後も安藤 梢選手のご活躍をお祈りしています!!!

プロモート トータル コンディショニング
貝塚 翔貴


======================
DMT オランダ徒手療法協会
ブラッシュアップセミナー 7月2・3日
『メディカルこそ知らないといけない』
〜スポーツ現場が求めるパフォーマンスアップに必要な視点とテクニック〜

7月2日(土)
<第1部:10:00〜12:00>
【タイトル】
パフォーマンスUpのために、現場がメディカルに要求することとは?(座学)
【講師】前田・土屋
 
<第2部:13:00〜17:00>
【タイトル】
投打のパフォーマンスをその場で確実に変えるために
~動作改善の実演指導を通して語る〜
『思考の順序』『本質の見方』『仕組みの理解』
(座学/実技)
【講師】前田
 
<第3部:18:00〜19:00>
トークセッション
【内容】「現場がメディカルに求めるもの」
【講師】木村・前田・土屋
 

7月3日(日)
<第1部:9:00〜12:00>
【タイトル】ゴルフパフォーマンスUpに必要な視点とテクニック〜リアライン・ゴルフ×オランダ徒手療法〜(座学/実技)
【講師】渡辺
 
<第2部:13:00〜16:00>
【タイトル】メディカルの知識を応用し、フリーウェイト・マシーンを使いこなせ!(座学/実技)
【講師】土屋
 
<第3部:16:00〜17:00>
トークセッション
【内容】「選手がメディカルに求めるもの」
【講師】安藤・土屋
 
2日(土)
木村 哲昌 (VONDS市原GM、元Jリーガー、元SC相模原監督)
前田 健 (BCS Baseball Performance代表取締役、元阪神タイガース・トレーニングコーチ)
土屋 潤二 (日本オランダ徒手療法協会 代表理事)

3日(日)
土屋 潤二 (日本オランダ徒手療法協会 代表理事)
安藤 梢 (ドイツ女子ブンデスリーガ SGSエッセン所属、元なでしこ代表)
渡辺 健太郎(DMT 準徒手療法士、徒手療法士コース在籍、リアラインゴルフ インストラクター)

会場:日本女子体育大学』





猫背を矯正する方法として、腕立て伏せがやり方によっては効果的なことを知っていましたか?

昨日、電車の中でふと気になり
周りの人を見渡してみると

座っていた列の私以外全員が
猫背姿勢でした。。笑

デスクワーカー
ドライバー
ゲーム好きな小・中学生
スマホ病・・・

猫背になる要素はたくさんありますね。
それらが一つの原因となり

ストレートネック
肩関節周囲炎と診断され

電気や湿布、マッサージの処方

本当に症状改善しきれていますか?

猫背姿勢の改善は、上記の大きな原因解決のひとつになります。

猫背を矯正していくには、
いくつかのポイントを
改善する必要があります。
全ては伝えられませんが・・・。

その中で、自身でも解決できる可能性があり
手軽にできる方法を”ひとつ”お伝えします。

そして、こどもが筋トレすると
身長が伸びなくなると心配な方

そんなことはありえません。
正しい強度で行えばむしろ効果的です。



※あくまで”ひとつ”の方法です。



それは
ワイドスタンスのプッシュアップ
両手の幅を広げた腕立て伏せ”です。
IMG_2105.jpg

ただ、トレーニング主体の腕立て伏せではなく
姿勢を改善するための腕立て伏せとして行います。

※体幹部の筋力がない方は、
 「膝をつく
  もしくは
 「壁立て伏せ
で、行いましょう!

曲げた際、床すれすれまで胸を伸ばすように
体幹部はまっすぐゆっくり行う
曲げ伸ばし共に肩甲骨は後方斜め下に寄せ続ける

大胸筋は伸びた状態で使えるように
広背筋は縮んだ状態で使えるように

トレーニングする場所
ストレッチする場所

意識するとより効果が高まります。

是非、継続してくださいね(^^)v
やり方がわからなければお問い合わせください!

『姿勢改善を多角的に評価し改善する治療院』
プロモート トータル コンディショニング
貝塚 翔貴

スポーツをする子供達をサポートできる喜びの反面、チームの習慣・環境面について思うこと。

『8年前の”思い”が実を結び・・・』

ジュニアユース時代からサポートしている子が私の母校のサッカー部に入学し、
久々に治療・トレーニングしに来てくれました。ポジションも一緒、自身が学生時代に抱えていた
 トラブルまで一緒で、大きな思い入れを感じています。
IMG_0730.jpg

18歳の時に”治療家”を志し、治療からトレーニングまで総合的にサポートしきること
を目標に約8年間、多くの現場や研修会に参加し続け、学び続けてきました。

そしてその8年間をいかせる”環境”をようやく、得ることができました。
そこで当時の自身に近い子を診ていけることは感慨深いですね。


『ただ、環境面では非効率なサイクルは変わらず・・・』

チームの環境面では相変わらず3時間〜4時間続けて練習をしていたり、いまだに過度の水分補給の不自由があったりとパフォーマンスアップには非効率なことを続けているようです・・・。

体内の水分が大幅に低下すると、血流循環の低下が著名になり、組織へ酸素を運搬する機能が低下し→細部の毛細血管の血流障害→骨格筋の過緊張状態の持続・組織の微細な破壊の連続→パフォーマンスダウン→障害の誘発と、なります。

単純に考えて、平均気温の推移も年々上昇しているのに、何十年前と同じことを続けていることへは疑問を抱いています。

そして長い時間、肉体的そして精神的にストレスをかけ続けるよりも、試合時間に近い90分前後で高強度インターバルを行っていく方が、ユース年代は飛躍的なパフォーマンスの向上が見込めるのになと、改めて感じます。

精神的に強くなる!今までの選手はこうしてきた!という理由だとおもいますが、単純に指導する側がチームの習慣を変えることに恐れがあるのでは?と感じます。
結果的に多くの選手の一生引きずる障害を誘発していることに気づかずに・・・。

ユース年代は飛躍的な成長があるのはもちろんですが、あくまで高校でのサッカーは人生の一部で、その後のサッカー人生の方が何倍も時間があり、大好きなサッカーをいつまでも続けるための”土台”に過ぎません。

古い習慣にとらわれ、チームの”環境”を変えることをしないことにより、選手のコンディションの低下→小さな傷害→選手生命を絶つほどの致命的なケガへつながるリスクは避けたいですね。

良い部分は残し、悪いサイクルはより効率的なものへ部分的に置き換えること。
ここ数年のサンフレッチェ広島では、常にそれを実行しているからこそ
”選手”と”結果”がついてくるとのお話をトレーナーからお聞きしました。

選手個人もケガの状態を隠さず、早め早めのリカバリーを心がけ、高校3年間のスポーツを有意義で最高な時間にして欲しいなと思います。

本日もご一読いただきありがとうございました。

『運動・栄養・休養を全面的にサポート』
プロモート トータル コンディショニング
貝塚 翔貴


海外で挑戦するスポーツ選手にとって、必要な『言葉力』がなぜ重要なのか?

本日は、『言葉力』と、違った視点からの内容です。


海外では”自分の実力”と共に必要な”ツール”

日本のスポーツ界は急速な成長を遂げ、
メジャーなサッカーや野球選手ではヨーロッパや
アメリカの主要チームに所属する選手が増え、
たくさんの活躍が報道されるようになりました。

個人競技やマイナーなスポーツでも多くの種目にて
世界ランキングの上位に名を連ねています。

その選手たちは、その種目の最高峰で
挑戦しているので、実力が均衡している
あるいは、他の選手でも変えがきく
などの場合に、次に評価の基準になるのが
『言葉力』です。
g-ship_factor.png

『言葉力』は語学だけではない

子供の頃から、
「なぜ、英語を勉強するのか」
疑問に感じている子も多いかと思います。

それは、無理もありません。
もしろ、その子供の感情が正しいと思います。

”英語”や他の”語学”を使わなけらばいけない
最も必要な『環境』が日本にはないからです。

ですが、不幸なことに高校受験以降の進路へ
進むには”英語”の成績
それから”面接”がありますよね?
つまり『言葉力』が最も必要な”ツール”になります

”英語”を”勉強するのではなくて
日本だけではなく全世界の人と会話ができる!
仕事ができる!スポーツができる!

そのために『言葉力』という道具を身につける!

という目標で取り組みたいですね(^-^)

”問診”にてあなたの言葉で”目標”を立て
その”目標”を達成するために
多角的にサポートする治療院
プロモート トータル コンディショニング
貝塚 翔貴

川口で治療からパーソナルトレーニングならプロモートへ。ジム通いの方へも緻密なプラン作りを提案します。

トレーニングと聞くと、

筋肉がついて太くなる
筋肉が落ちた時に太りやすい
体重が重くなる

など、ネガティブなイメージってありませんか?
テレビや雑誌には非常に細い方が多く、
それが良い基準だと、勝手に認識してしまって
いるのかもしれません。
しかし、実際はトレーニングを積んでいる方
多く、スポーツ愛好家の方もたくさん
いらっしゃいます。

人が体を使って行っていたことを機械が行うことが
多くなりました。
百貨店やスーパーでまとめて買い物を
していたのが、家から数分のコンビニで買える
時代になりました。

これだけ便利な生活、こういった現代の社会で
運動習慣がないとあらゆる危険性があります。

生活習慣病
姿勢不良による慢性的な症状
筋力低下による代謝異常
急な動作による大きな外傷・・・などなど

患者さん・お客さんのなかでも
運動や正しいトレーニングの習慣がある方は
非常に健康的で機能的な体を得ている
そして、普段のストレスを軽減できていて
活動的な生活を送っている方が多い
印象です。

治療家&トレーナーの立場から伝えていることは、
関わっている全ての方に”運動習慣”を提示しています。


正しい関節運動を大前提に
同じ症状を起こさないよう
強度の低いもの・少し高めのもの
セルフケアをミックスした
トレーニング指導・エクササイズ指導
行っています。
IMG_2358.jpg

自分の体を大切にすること
長く思い通りの日常を送ること

スポーツ選手はもちろん、一般の方も共通して必要なことは
パフォーマンスを上げる
これにつきます。

たとえ、洗濯や食事など家事であっても
ひとつのパフォーマンス

車の運転でさえも
ひとつのパフォーマンス
と考えます。

あなたも機能的で姿勢が良く
パフォーマンスの高い体を
持ち続けませんか?

本日もご一読いただきありがとうございます。

治療からトレーニングまでサポート
プロモート トータル コンディショニング
貝塚 翔貴

ケガをした後、早く治したい!再発もしくは他のケガを防止するために必要なこととは?

スポーツ選手はもちろん、一般の方でも
ケガをすることがありますよね?

一般の方がケガをした際に適切な治療を受け、
生活に支障がないほどに痛みがなくなれば
治療に関しては”終わり”と考える方が多いでしょう。

しかし、スポーツ選手は競技復帰するにあたり、
ケガを負った場所の”強さ”を取り戻す前に
復帰してしまうと、”再発”もしくは”他のケガ”に
つながるケースが多くみられます。
では、どうすべきでしょうか??


まず、”ケガの完治”させること!
ケガをしてから早く治すには、
必ず”治る道のり”があります。
損傷した組織によって治り時間は異なりますが
アプローチ方法は共通した原理”があります。
IMG_2578.png

そしてケガをした場所の”抵抗力”をあげること!
競技復帰においてはパフォーマンスアップした状態で
戻らなくてはなりません。
”ぶつかった”とか”ひねった”など予期せぬ場合のケガで
あっても患部の”抵抗力”を上げた状態で、
復帰するべき!ということです。

neymartraining.jpg

そしてトレーニングをするにあたり、競技の特性に
合わせた”正しい姿勢”で行ってくださいね。



先日の治療にて質問されましたが、
①『体幹トレーニングだけやったら強くなるの?』
②『痛くなくなったら来なくていいの?』

答えは『いいえ』です。
体幹はもちろん使えることが必須ですが、
スポーツや日常動作で正しいタイミングで
使えなければ意味がありません。
たくさんあるトレーニングの中のひとつ”ですので
様々なトレーニングを正しく行う必要があります。

”痛み”がなくなったしても、ケガをした
原因を根本から改善できていなければ
同じことを2度3度、繰り返す可能性があり
更に大きなケガを引き起こすことにつながります。

まずは、あなたの体のクセ・動きのクセを
ご自身で理解しましょう!


『一人一人にオーダメイドの治療をするこだわり』
プロモート トータル コンディショニング
貝塚 翔貴


関節疾患の治療においてエキスパートになるには?

関節疾患に特化した理論・技術が身につく
セラピスト・トレーナー向けのセミナー情報です。

CSPT2016は関節マルアライメントを確実に改善する
リアライン・コンセプトの最新版です。

リアライン・コアを知り、その理論を知るために
私も昨年度、ISRとともに受講いたしました。
あなたも『関節疾患治療のエキスパートに!
promote-totalconditioning_115.jpg

---内容---
リアライン・コンセプトは関節のマルアライメントを効果的に
修正(リアライン)することを基盤とした治療です。
CSPTは、スポーツ外傷・障害に対するリハビリを中心に、
全身の関節のマルアライメントの修正・改善を確実に進める
方法を身につけることができます。約50%の時間を実技に
割き、確実に効果を出せる治療理論を習得できます。
全10回と部位別に構成されており、シリーズ全体の受講で
非常に完成度が高く、治療・エクササイズ指導の幅が格段に
広がります。

---開催日時---
4月16日(土)、4月17日(日)
6月18日(土)、6月19日(日)
7月16日(土)、7月17日(日)
8月 6日(土)、8月 7日(日)
9月10日(土)、9月11日(日)

---会場---
東京都渋谷区近郊
※各セミナーによって異なる

---受講料---
(全10回)120,000円(税込)
(各1回ごと)12,960円(税込)
※その他、4回セット受講などもあります。

---講師---
蒲田和芳(広島国際大学)ほか

---お問い合わせ---
株式会社GLAB セミナー事務局 http://bit.ly/1OMSxdU

12

アーカイブ

このページのトップへ